日ハム中田に同情論…選手たちが恐れをなす清原からの電話

公開日:  更新日:

「あれは、あんまりですよ。中田が気の毒です」
 日本ハムの関係者がこう言った。

 週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博が、14日発売の写真誌フライデーで「独占告白」。「オレは絶対に麻薬はやっていない」と反論したのだが、そこで日本ハムの中田翔がとんだとばっちりを受けた一件のことだ。

 清原によれば、体調の異常を感じたのが昨年の10月ごろ。病院に検査に行くと血糖値が900以上もあった。医者に「命にかかわりますよ」と言われて、2月末から都内の病院に入院。文春が報じた薬物疑惑はまったくのデタラメで、入院は糖尿病治療のためと語っている。

 正々堂々と自らの潔白を主張して、心配するファンや関係者を安心させる。それだけでやめておけばいいものを、独占告白の最後にこう言ったのがマズかった。

「ガッカリしたのは、食事に行こうと約束してた日本ハムの中田翔が、この騒動で他人を介してドタキャンしてきたこと。こういうときにこそ、ホンマの人間関係がわかるね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る