日ハム中田に同情論…選手たちが恐れをなす清原からの電話

公開日:  更新日:

「あれは、あんまりですよ。中田が気の毒です」
 日本ハムの関係者がこう言った。

 週刊文春に薬物疑惑を報じられた清原和博が、14日発売の写真誌フライデーで「独占告白」。「オレは絶対に麻薬はやっていない」と反論したのだが、そこで日本ハムの中田翔がとんだとばっちりを受けた一件のことだ。

 清原によれば、体調の異常を感じたのが昨年の10月ごろ。病院に検査に行くと血糖値が900以上もあった。医者に「命にかかわりますよ」と言われて、2月末から都内の病院に入院。文春が報じた薬物疑惑はまったくのデタラメで、入院は糖尿病治療のためと語っている。

 正々堂々と自らの潔白を主張して、心配するファンや関係者を安心させる。それだけでやめておけばいいものを、独占告白の最後にこう言ったのがマズかった。

「ガッカリしたのは、食事に行こうと約束してた日本ハムの中田翔が、この騒動で他人を介してドタキャンしてきたこと。こういうときにこそ、ホンマの人間関係がわかるね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る