• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

別居中の清原 クラブ通い&茶髪女性と遊ぶ“独り身”の夜

 週刊文春が報じた薬物疑惑報道をきっかけに別居を始めた清原和博(46)と亜希(45)の大物夫婦。小学6年生と3年生の2人の息子も、妻と行動をともにした。持病の糖尿病治療には規則正しい生活が欠かせないが、夫はひとりで暮らす高級マンションに帰る日々だ。

「刃物を持って追いかけ回した」「朝5時くらいから、家が壊れるかと思うほど壁がどんどん叩かれる」――週刊誌は、危機的な夫婦関係をうかがわせる真偽不明のエピソードを報じている。これに対して清原は、写真誌フライデーのインタビューに応じ、「声を荒らげたこともない。まして刃物なんか……あり得んよ」と否定した。

 幼い頃に両親が離婚した妻と、祖父が祖母に手を上げる場面を見ていた夫。幼少期の2人のトラウマが、最後の決断を踏みとどまらせているのかもしれない。

「亜希さんが家を出たのは、離婚を前提にしたものではありません。夫の騒ぎに子供まで巻き込まれるのを嫌ってのこと。ほとぼりが冷めれば、また4人で生活するつもりのようです。ただ、清原さんは右足と左肩のあたりに竜の入れ墨を入れている。それだけは何としても消させると話していました。少なくとも下の子供が中学を卒業するまでは、離婚しない考えのようです」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    5歳児虐待死も 連れ子のいる女性が再婚相手の子を望む心理

  3. 3

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  6. 6

    目黒5歳女児も 学歴コンプレックスの親がハマる“教育虐待”

  7. 7

    金融緩和継続 欧米と金利差拡大で円&国債大暴落の現実味

  8. 8

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

  9. 9

    公式本も発売 空前ブーム「おっさんずラブ」に続編あるか

  10. 10

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

もっと見る