“元祖バラドル”シェリー「脳梗塞で入院中、桑名正博も重体に…」

公開日: 更新日:

80年代半ば、神戸のサラリーマンを追って大阪に。スナックと生保レディーの二足のワラジを

 バラエティー番組でカワイイ顔した女のコが奔放かつ大胆なギャグを連発して売れっ子になる。これは人気者が誕生する常道パターンだが、この人もそうだった。80年代、“バラドル”の元祖として活躍したシェリーさん(56)だ。今どうしているのか。

「父親を脳出血、母親を脳梗塞で亡くし、実妹もくも膜下出血で闘病中でしょ。つまり、ウチは脳血管疾患の家系だから、年に1度は必ず脳ドックを受けてたの。でも、Xデーは突然やってきた。忘れもしない、平成24年6月27日、クルマの運転中に後頭部をこん棒で思いっきり殴られたような衝撃があったんです」

 大阪は梅田にあるホテルの喫茶室で会ったシェリーさん、淡々と話し始めた。彼女は神戸のサラリーマンを追って、80年代半ばに大阪に。ミナミの宗右衛門町にスナック「シェリーの店」を開くとともに、生保レディーの二足のワラジで2人の子供を育ててきた。ちなみに、運転中だったのは生保への通勤途中、スナックは4年前に閉じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る