“元祖バラドル”シェリー「脳梗塞で入院中、桑名正博も重体に…」

公開日:  更新日:

80年代半ば、神戸のサラリーマンを追って大阪に。スナックと生保レディーの二足のワラジを

 バラエティー番組でカワイイ顔した女のコが奔放かつ大胆なギャグを連発して売れっ子になる。これは人気者が誕生する常道パターンだが、この人もそうだった。80年代、“バラドル”の元祖として活躍したシェリーさん(56)だ。今どうしているのか。

「父親を脳出血、母親を脳梗塞で亡くし、実妹もくも膜下出血で闘病中でしょ。つまり、ウチは脳血管疾患の家系だから、年に1度は必ず脳ドックを受けてたの。でも、Xデーは突然やってきた。忘れもしない、平成24年6月27日、クルマの運転中に後頭部をこん棒で思いっきり殴られたような衝撃があったんです」

 大阪は梅田にあるホテルの喫茶室で会ったシェリーさん、淡々と話し始めた。彼女は神戸のサラリーマンを追って、80年代半ばに大阪に。ミナミの宗右衛門町にスナック「シェリーの店」を開くとともに、生保レディーの二足のワラジで2人の子供を育ててきた。ちなみに、運転中だったのは生保への通勤途中、スナックは4年前に閉じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る