• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

薬物使用実刑3度の清水健太郎はライブ活動で再起中

 2000年以降、芸能界での薬物使用事件は年平均1回のペースで起きているとか。今年も有名ミュージシャンが捕まった。だが、この人の場合、度重なる再犯で世間を騒がせた。ヒット曲「失恋レストラン」で知られる清水健太郎さんだ。10年には覚醒剤で3度目の実刑判決を受けた。さて、今どうしているのか。

「一昨年の夏に水戸刑務所を出てきたんですが、うれしかったのは多くの方が温かい目で迎えてくださったことです。町内で餅つき大会があれば一緒につこうと誘ってくれ、お祭りが近づくと、神輿(みこし)を担がないかと声をかけてくれた。みなさん、ごく自然に接してくれる。生活が大変だろうと、お米を送ってくれたファンもいました。そんな方々のためにも、ここで緩んだらすべてが終わり。そんな気持ちで毎日を送ってます」

 渋谷は円山町の「NOB」でのライブを終えた清水さん、まずはこういった。40人ほどが集まったミニライブ。1時間の予定が2時間歌いっぱなしなほどノリノリだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る