薬物使用実刑3度の清水健太郎はライブ活動で再起中

公開日:  更新日:

 2000年以降、芸能界での薬物使用事件は年平均1回のペースで起きているとか。今年も有名ミュージシャンが捕まった。だが、この人の場合、度重なる再犯で世間を騒がせた。ヒット曲「失恋レストラン」で知られる清水健太郎さんだ。10年には覚醒剤で3度目の実刑判決を受けた。さて、今どうしているのか。

「一昨年の夏に水戸刑務所を出てきたんですが、うれしかったのは多くの方が温かい目で迎えてくださったことです。町内で餅つき大会があれば一緒につこうと誘ってくれ、お祭りが近づくと、神輿(みこし)を担がないかと声をかけてくれた。みなさん、ごく自然に接してくれる。生活が大変だろうと、お米を送ってくれたファンもいました。そんな方々のためにも、ここで緩んだらすべてが終わり。そんな気持ちで毎日を送ってます」

 渋谷は円山町の「NOB」でのライブを終えた清水さん、まずはこういった。40人ほどが集まったミニライブ。1時間の予定が2時間歌いっぱなしなほどノリノリだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る