NHK「花子とアン」注目株 中島歩を後押しする“あの大物”

公開日:  更新日:

 ザンバラ髪の若者にテレビの前の主婦たちは「パルピテーション」を感じているんだとか。ドラマのセリフでいうところの異性に感じるトキメキのこと。NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」に出演する新人俳優・中島歩(25)の支持率が凄まじいことになっている。

「あれだけの美男子で見たことない顔だから、すぐにネットで検索してみたら、美輪さんの舞台でデビューしたんですね。彼のお眼鏡にかなったと分かり、腑に落ちました。ウフフ」(朝ドラファンの40代主婦)

 同作のナレーションを担当する美輪明宏(79)が主演・演出を務めた舞台「黒蜥蜴」(13年)で、約200人の中から美輪の恋人役を射止め、俳優デビューを果たした。今回の朝ドラ出演も「後見人の後押しがあったから」(テレビ関係者)なんて話が漏れ聞こえてくる。

 朝ドラは物語の舞台が甲府から東京に移り、男女の恋愛事情も描かれ、ガ然盛り上がってきた。“中島青年”は吉高由里子が演じる主人公・はなの親友で、仲間由紀恵演じる華族出身の蓮子に惚れてしまう年下男。社会主義運動に加担する大学生の役を演じている。今月半ばには2人の駆け落ち事件が勃発。仲間の夫役の吉田鋼太郎との対決を控えている。しばらくはパルピテーション継続ってとこですか。

 ちなみに“美輪枠”で出演している新人俳優がもうひとり。蓮子に近づく新聞記者役の木村彰吾(34)は以前、女性誌に美輪との関係が報じられていたが、さて――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る