手作り浴衣を1週間で…オトナになった篠原ともえの意外な顔

公開日:  更新日:

 7日、宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」のプレオープンイベントが開かれ、篠原ともえ(35)がゲスト出演。8日のオープンを前にテープカット、東京大学総合研究博物館の宮本英昭准教授とのミニトークを行った。

 この日、披露した星座柄の浴衣は「日暮里で買って、仕事の合間を縫って1週間で作り上げた」もの。浴衣と同じ布を張り付けてデコレーションした望遠鏡も披露した。高校時代、天文部に所属していた篠原は、「天文宇宙検定」3級を持つ“宙ガール”。「夜空の星は見るというより浴びるものだと思います。短冊には毎年『ロマンチックに織姫と彦星が出会いますように』と書いている。自分のお願いより宇宙に感謝する日なので」と語った。

 90年代後半に個性的なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原だが、現在はすっかり大人。デザイナー、ナレーション、女優、歌手と仕事の幅は広い。昨年は松任谷由実(60)のコンサートの衣装デザイナーに抜擢されたことでも話題となった。

 残るは「プライベート」だけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る