手作り浴衣を1週間で…オトナになった篠原ともえの意外な顔

公開日: 更新日:

 7日、宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」のプレオープンイベントが開かれ、篠原ともえ(35)がゲスト出演。8日のオープンを前にテープカット、東京大学総合研究博物館の宮本英昭准教授とのミニトークを行った。

 この日、披露した星座柄の浴衣は「日暮里で買って、仕事の合間を縫って1週間で作り上げた」もの。浴衣と同じ布を張り付けてデコレーションした望遠鏡も披露した。高校時代、天文部に所属していた篠原は、「天文宇宙検定」3級を持つ“宙ガール”。「夜空の星は見るというより浴びるものだと思います。短冊には毎年『ロマンチックに織姫と彦星が出会いますように』と書いている。自分のお願いより宇宙に感謝する日なので」と語った。

 90年代後半に個性的なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原だが、現在はすっかり大人。デザイナー、ナレーション、女優、歌手と仕事の幅は広い。昨年は松任谷由実(60)のコンサートの衣装デザイナーに抜擢されたことでも話題となった。

 残るは「プライベート」だけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る