手作り浴衣を1週間で…オトナになった篠原ともえの意外な顔

公開日:  更新日:

 7日、宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」のプレオープンイベントが開かれ、篠原ともえ(35)がゲスト出演。8日のオープンを前にテープカット、東京大学総合研究博物館の宮本英昭准教授とのミニトークを行った。

 この日、披露した星座柄の浴衣は「日暮里で買って、仕事の合間を縫って1週間で作り上げた」もの。浴衣と同じ布を張り付けてデコレーションした望遠鏡も披露した。高校時代、天文部に所属していた篠原は、「天文宇宙検定」3級を持つ“宙ガール”。「夜空の星は見るというより浴びるものだと思います。短冊には毎年『ロマンチックに織姫と彦星が出会いますように』と書いている。自分のお願いより宇宙に感謝する日なので」と語った。

 90年代後半に個性的なファッションで「シノラー」ブームを巻き起こした篠原だが、現在はすっかり大人。デザイナー、ナレーション、女優、歌手と仕事の幅は広い。昨年は松任谷由実(60)のコンサートの衣装デザイナーに抜擢されたことでも話題となった。

 残るは「プライベート」だけ……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る