テレビに出版界も 安藤美姫がメディアに大人気のワケ

公開日: 更新日:

 元フィギュアスケート選手、安藤美姫の“芸能人株”がうなぎ上り。テレビ各局からオファーが殺到している。

 これまで人気バラエティー番組「しゃべくり007」や「月曜から夜ふかし」(ともに日本テレビ)に出演。6月に放送された織田裕二主演のスペシャルドラマ「奇跡の教室」(同)ではついに女優デビューも果たし、女優ミキティの評判も上々。

 出演はいまのところ日テレが多いが……。

「実は元日テレでバラエティーのプロデューサーだった女性が専属マネジャーになったからです。当時の人脈を生かして局内に営業攻勢を掛け、仕事量が増えました。視聴率競争で飛ぶ鳥を落とす勢いの日テレで露出すれば嫌でも目立つし、その流れでフジやテレ朝、さらにはTBS、NHKからもオファーが舞い込んでいる」(放送作家)

 潜在視聴率も高い。浅田真央が10・1%、安藤は10%で互角。織田信成の8・7%より上だ。たとえば、安藤が出演したドラマの視聴率は「奇跡の教室」11・1%、今月5日放送「ママが生きた証」(テレ朝)は12・7%と2桁、バラエティーも安藤が出た番組は2桁をキープしている。タレントとしては大合格、女優としてももう少し演技力を養えば問題なしというのが業界の評価だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る