• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

後ろ盾の先輩を失い…日テレ馬場アナ「6月退社」本当の事情

 日本テレビの馬場典子アナ(40)が今月末で同局を退社しフリーになる。馬場アナの退社は4月に発表され、現在出演している「火曜サプライズ」「ぐるぐるナインティナイン」などには退社後も出演予定だというが、決して“円満退社”ではなかったようだ。

「実は、6月の異動でアナウンス部から報道局へ記者職での異動の内示があった。しかし、馬場がそれを固辞。退社してフリーになる道を選んだのです」(日本テレビ関係者)

 馬場アナがフリーの道を決断したのにはもうひとつ理由があるといわれている。“後ろ盾”の消滅だ。

 馬場は2年前に週刊誌で二股疑惑や横領疑惑を報じられ社内での立場が危うくなっていたが、「当時、アナウンス部長だった木村優子が必死にかばってくれ、事なきを得た。ところが、馬場を買っていた木村が6月の異動で突如、子会社へ出向させられることになり、出世コースから外れることが決まった。そもそも馬場の記者職への異動は、木村一派を追い落とすための人事。馬場はこのまま会社に残れば冷や飯食いは確実。ならばとフリー転身を決意しましたが、想像以上に人気がなく、芸能プロやフリーアナの事務所からも引きがない。つとめて明るく振る舞っていますが、退社のタイミングを早まったと後悔しているそうです」(前出の関係者)。

 馬場のモットーは「幸せは自分の心が決める」だという。しかし、かつての「お嫁さんにしたい女子アナ・ナンバーワン」が四十路独身のまま、上司のあおりを食って退社とは、心中穏やかじゃないはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事