「朝ドラ主役」射止めた土屋太鳳は吉高由里子を超えられるか

公開日: 更新日:

 朝ドラファンには馴染みの美少女がヒロインの座を射止めた。女優の土屋太鳳(19)が、15年度前期連続テレビ小説「まれ」で主人公・希役に選ばれたのである。

 朝ドラ出演は3作目。「おひさま」(11年)でヒロイン(井上真央)の教え子役、そして放送中の「花子とアン」では吉高由里子演じる主人公の妹・もも役だ。貧しい小作農家の4人兄弟の末っ子で幼い頃から片思いしていた相手にあえなく失恋。見せ場をつくった後に甲府から北海道へ嫁ぎ、最近はめっきり出番が少なくなったが、「お茶の間のもも(太鳳)ファンから復活を望む声は多い」(TV誌ライター)というから、引きつける何かがあるようだ。

 コラムニストの桧山珠美氏が言う。

「世の中に彼女の存在を知らしめたのは、3年前の連ドラ『鈴木先生』。テレビ東京の深夜枠で視聴率こそイマイチでしたが、業界関係者から高く評価された作品でした。その中で教師の長谷川博己のあらぬ妄想をかきたてる古典的な美少女中学生を演じたのですが、当時から並々ならぬ異彩を放っていた。いまのアイドルブームに逆行するような大人びた容姿と雰囲気が魅力です。『あまちゃん』出演時の能年玲奈と同じ19歳。ものすごくハイレベルな潜在能力を感じます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る