下馬評は仲間優勢だが…「紅白」司会めぐる吉高との一騎打ち

公開日:  更新日:

 先日、司会者が発表されたNHK「第46回 思い出のメロディー」。総合司会に綾小路きみまろ(63)、司会に仲間由紀恵(34)が起用された。毎年恒例の同番組では87年に亡くなった石原裕次郎(享年52)の秘蔵映像が放送されるそうだが、それ以上に注目を集めているのが、仲間の司会起用だ。

“夏の紅白”とも呼ばれるこの番組では、朝ドラのヒロインを司会に起用することが多く、国仲涼子(01年「ちゅらさん」)、松下奈緒(10年「ゲゲゲの女房」)、杏(13年「ごちそうさん」)などがそう。さらに、「“夏の紅白”の司会は、年末の紅白司会の予行演習」という見方も。

 実際、松下は10年に夏と冬の“紅白司会”を制覇。12年に「梅ちゃん先生」でヒロインを務めた堀北真希は夏にプレゼンターとして出演し、その年の年末に紅白の司会を務めた。そして、仲間は03年の「思い出の――」で司会を務めると、その年の紅白ゲスト審査員になり、05、06、08、09年には紅白の司会に起用されている。この流れだと、大晦日の本番も仲間で“本決まり”が濃厚だが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

もっと見る