下馬評は仲間優勢だが…「紅白」司会めぐる吉高との一騎打ち

公開日:  更新日:

 先日、司会者が発表されたNHK「第46回 思い出のメロディー」。総合司会に綾小路きみまろ(63)、司会に仲間由紀恵(34)が起用された。毎年恒例の同番組では87年に亡くなった石原裕次郎(享年52)の秘蔵映像が放送されるそうだが、それ以上に注目を集めているのが、仲間の司会起用だ。

“夏の紅白”とも呼ばれるこの番組では、朝ドラのヒロインを司会に起用することが多く、国仲涼子(01年「ちゅらさん」)、松下奈緒(10年「ゲゲゲの女房」)、杏(13年「ごちそうさん」)などがそう。さらに、「“夏の紅白”の司会は、年末の紅白司会の予行演習」という見方も。

 実際、松下は10年に夏と冬の“紅白司会”を制覇。12年に「梅ちゃん先生」でヒロインを務めた堀北真希は夏にプレゼンターとして出演し、その年の年末に紅白の司会を務めた。そして、仲間は03年の「思い出の――」で司会を務めると、その年の紅白ゲスト審査員になり、05、06、08、09年には紅白の司会に起用されている。この流れだと、大晦日の本番も仲間で“本決まり”が濃厚だが…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る