日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女優デビューの脊山麻理子 “出しゃばり批判”に持論を語る

 生粋のお嬢さまだ。父は医師で東大名誉教授、母は通訳というインテリ一家に育ち、幼稚園から高校までお茶の水一筋。それが慶応大卒業後に入社した日本テレビを10年に退社し、フリーに転身すると、隠されていた“個性”が爆発する。今年5月に34歳で水着グラビア写真集を発売。バラエティー番組で泥酔しながらカラオケに興じる姿も話題になった。

 女優本格デビューを果たしたドラマ「匿名探偵」(テレビ朝日系、金曜深夜)では、仕事をもらうためにディレクターのふりをした探偵(高橋克典)に水着で色仕掛けをする女子アナを熱演。作中ではドラマ用の写真集も登場、脊山自身の現状とシンクロした内容になっている。

 強烈なインパクトを残す脊山の活動に「イタイ」「ウザイ」「出しゃばり」という批判的な声も少なくない。しかし、本人はあくまで冷静だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事