「熱闘甲子園」に抜擢 山本雪乃アナは肩書ナシの異色の新人

公開日:  更新日:

「一生懸命頑張ります!」と爽やかに語った。

 7日に開かれた「熱闘甲子園」(テレビ朝日)のスペシャルイベント「熱トーーク!」に今年からキャスターを務める山本雪乃アナウンサー(22)が登場した。昨年までの15年間、番組を担当した長島三奈(46)の後を担う。山本アナは今年4月に入社したばかりの新人。1年目のアナウンサーをMCに起用するのは34年目の番組史上初の試みとなる。

 山本に起用の第一報が届いたのは、研修真っ最中の5月末。「絶句して言葉も出なかった」そうだが、異例の大抜擢のウラには、テレ朝アナウンス部内の事情もあったという。

「テレ朝ではスポーツに特化した若手アナが育っていない。局の看板アナは竹内由恵ですが、現状はバラエティー番組が中心。『報道ステーション』でスポーツを担当していた宇賀なつみも3月末から朝の帯番組に移籍したばかり。そこで白羽の矢が立ったのが山本。今回、老舗番組である『熱闘甲子園』への大抜擢は局としての期待の表れでしょう」(テレ朝関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る