カトパンは“ダメ出し”で悪者に TBS田中みな実の策士ぶり

公開日: 更新日:

 フジテレビ加藤綾子アナ(29)が、TBSの田中みな実アナ(27)に“翻弄”されている。

 10日放送のTBS「サンデージャポン」に直撃された加藤アナ。リポーターとして訪れた田中アナが、2人の“不仲説”を一蹴したところまではよかった。

 が、田中アナに同行したリポーターが「田中アナが好感度を上げるためには?」と加藤アナに質問。加藤アナが「ぶりっ子しない方がいいんじゃないですか」と発言したせいで、スポーツ各紙が「カトパンがダメ出し」と大々的に報道した。

 結局、加藤アナは自身のブログで、〈私がダメ出しする立場でもなく、そのような思いも全くありません〉などと即座に釈明する羽目に。

 人気女子アナのトップを走っている加藤アナに対し、田中アナは「嫌いな女子アナ」ランキングの常連だ。それに加藤アナの方が年上で、本来なら余裕しゃくしゃくであしらえる立場のはずだろう。

「加藤アナのダメ出しに対し、田中アナは『本当にごもっとも』と納得顔で聞いていた。そのへんのしたたかさが、田中アナの方が一枚上手という印象です。好感度の高い加藤アナを立てつつ、結果的に悪者にしてしまったわけですから。田中といえば、2年前、オリエンタルラジオ藤森慎吾との交際が報じられても、まったく否定せず、動じなかった。知名度アップのためなら、ぶりっ子だろうが、熱愛だろうが、何でも利用するぐらいの凄みを田中アナには感じますね。9月いっぱいでTBSを退職し、フリーに転身することも決まっているので、今回のカトパンとの“共演”にもニンマリでしょう」(在京キー局関係者)

 ただの人気局アナと、これからフリーになろうという嫌われアナとの差か。策士というか、何だか怖いぐらいだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”