ドラマ主演&長男も話題…俳優・千葉真一“再ブレーク”到来

公開日:  更新日:

7年ぶりのNHKドラマ

 昭和のアクションスター、千葉真一(75)がバラエティーではなく、久しぶりに俳優復帰だ。来月1日スタートの連続ドラマ「おわこんTV」(NHKBSプレミアム、23時15分~)で主役を務めるというのだ。

 NHKドラマは7年ぶり、大河「風林火山」(07年)以来の出演。もっとも、民放ドラマでは端役ばかりだったし、主演ドラマともなれば、20年超のブランクである。16日の記者会見では〈このドラマ、NHK的に大丈夫?〉というキャッチフレーズを引き合いに、こう挨拶した。

「このドラマ、千葉真一で大丈夫? といわれているような気になりまして……。俺に出来るのかどうか、迷いました。でも、原作を読んで駆り立てられた。実際に演じて良かったし、(主役に)本当に選んでくれてありがとう」

 同ドラマは、ネットに押されて逆風が吹きまくるテレビの番組制作会社を舞台にしたストーリー。このままテレビ番組を終わったコンテンツ(=おわこん)にさせまいと奮起する制作会社の社員たちを中心に、ヤラセ、視聴率、制作費など業界の舞台裏を描く。センセーショナルな内容も見どころのひとつだが、何といっても、ドラマの核は主人公の制作会社社長・荒巻源次郎。千葉が「アラマキ」になり、一癖も二癖もある“ギョーカイ親父”を好演しているところにある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る