CM打ち切り…江角マキコ“問題行為”でタレント生命の危機

公開日: 更新日:

 江角マキコ(47)が、タレント生命の危機に立たされている。イメージキャラクターを務める「花王」のテレビCMが“打ち切り”の事態に見舞われているというのだ。

「北は北海道から南は沖縄までネット局を含め、出稿予定だった江角さん起用のCMが、次々と同社他製品のCMに差し替えられている。この動きはウチの局だけではないはず。ここ数日の間で“江角CM”は完全にお蔵入りになるのではないか」(在京キー局関係者)

 今回のCM打ち切りは、27日発売の「週刊文春」が報じた落書き事件を受けてのこと。江角の長女のママ友である長嶋一茂(48)の妻との仲が険悪になり、長嶋家の自宅壁面に「バカ息子」「アホ」といった落書きを自分のマネジャーに依頼し実行したという内容だ。

 自身のブログで“ママ友いじめ”の被害を告白してはや1カ月。当初は世間から同情を集めたが、その後は次から次へと隠されていた江角の問題行為が明るみになり、形勢は逆転。「好感度タレント」の上位常連がまさかの窮地に陥ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る