「漫画と酷似」ドラマも逆手に…テレ東は下克上に虎視眈々

公開日: 更新日:

 テレビ東京が1日、10月期の番組改編説明会を行った。同局が「番外地」と呼ばれたのも今は昔。視聴率で民放キー局最下位なのは変わらないが、8月末までの平均視聴率はゴールデン(7.1%)、プライム(6.7%)、全日(3.1%)といずれも前年同時期を上回った。

 この日、同局の長田隆編成部長は何度も「挑戦」を口にした。現状維持に甘んずることなく、虎視たんたんと上位局を狙う意気込みの表れだろう。「全日帯の視聴率アップ」をより強化するため、秋改編では4月期に引き続き、テレ東らしいゆるさを残しつつ、とがった企画をブチ込む。守りと攻めが見え隠れするラインアップだ。十八番である旅番組の強化が守りとすれば、攻めのひとつは「ソロモン流」の打ち切り。知名度抜群の番組でも視聴率低迷ともなれば大ナタを振るう。

 ネット上で既存の漫画と物語の設定が酷似していると話題の“パクリ疑惑”――10月スタートのドラマ「玉川区役所 OF THE DEAD」(金曜24時12分)についても見解を示した。

「この作品は世界的なゾンビブームを受けて番組制作者がゼロから立ち上げたオリジナル企画。初回を見ていただければわかると思います」(浅野太プロデューサー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

    木村拓哉「教場」で10年半ぶり“フジ月9”…そしてヒロイン候補に浮上する女優の名前

  2. 2
    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

    ソフトB戦力外・松田の引き取り手は「熱さに飢えた球団」常勝チームを知り尽くす男は“買い”

  3. 3
    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

    阪神・藤浪流出危機に加え…岡田氏と“ギクシャク”の西勇輝は「黒髪アピール」で巨人FA移籍も

  4. 4
    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

    電動キックボードで男性死亡…運営会社LUUPの釈明に「お悔み申し上げますくらい言えば」の声

  5. 5
    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

    松村沙友理との破局言及におけるヒカルの「無配慮」芸能人がYouTuberと交際するリスク

  1. 6
    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

    朝倉未来「Breaking Down」で人気のラッパーが逮捕 “警棒”での男性暴行に「やっぱり」の声

  2. 7
    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

    これが安倍氏国葬の内幕…会場では水しか飲めず、官僚は寝落ち、超グダグダ進行に怒号まで

  3. 8
    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

    大谷の新ボスに元ロッテ監督・バレンタイン氏が浮上! 72歳老将自ら“売り込み”の成果は?

  4. 9
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  5. 10
    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟

    多額の“手切れ金”支払いへ…村上グループに株買い占められた「セントラル硝子」の覚悟