「漫画と酷似」ドラマも逆手に…テレ東は下克上に虎視眈々

公開日: 更新日:

 テレビ東京が1日、10月期の番組改編説明会を行った。同局が「番外地」と呼ばれたのも今は昔。視聴率で民放キー局最下位なのは変わらないが、8月末までの平均視聴率はゴールデン(7.1%)、プライム(6.7%)、全日(3.1%)といずれも前年同時期を上回った。

 この日、同局の長田隆編成部長は何度も「挑戦」を口にした。現状維持に甘んずることなく、虎視たんたんと上位局を狙う意気込みの表れだろう。「全日帯の視聴率アップ」をより強化するため、秋改編では4月期に引き続き、テレ東らしいゆるさを残しつつ、とがった企画をブチ込む。守りと攻めが見え隠れするラインアップだ。十八番である旅番組の強化が守りとすれば、攻めのひとつは「ソロモン流」の打ち切り。知名度抜群の番組でも視聴率低迷ともなれば大ナタを振るう。

 ネット上で既存の漫画と物語の設定が酷似していると話題の“パクリ疑惑”――10月スタートのドラマ「玉川区役所 OF THE DEAD」(金曜24時12分)についても見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る