• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「漫画と酷似」ドラマも逆手に…テレ東は下克上に虎視眈々

 テレビ東京が1日、10月期の番組改編説明会を行った。同局が「番外地」と呼ばれたのも今は昔。視聴率で民放キー局最下位なのは変わらないが、8月末までの平均視聴率はゴールデン(7.1%)、プライム(6.7%)、全日(3.1%)といずれも前年同時期を上回った。

 この日、同局の長田隆編成部長は何度も「挑戦」を口にした。現状維持に甘んずることなく、虎視たんたんと上位局を狙う意気込みの表れだろう。「全日帯の視聴率アップ」をより強化するため、秋改編では4月期に引き続き、テレ東らしいゆるさを残しつつ、とがった企画をブチ込む。守りと攻めが見え隠れするラインアップだ。十八番である旅番組の強化が守りとすれば、攻めのひとつは「ソロモン流」の打ち切り。知名度抜群の番組でも視聴率低迷ともなれば大ナタを振るう。

 ネット上で既存の漫画と物語の設定が酷似していると話題の“パクリ疑惑”――10月スタートのドラマ「玉川区役所 OF THE DEAD」(金曜24時12分)についても見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る