日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

放送前なのに…テレ東の秋ドラマが「あの漫画そっくり」の声

 カルト人気を誇るテレビ東京の金曜深夜「ドラマ24」枠。10年目に突入する10月からは、林遣都主演の『玉川区役所 OF THE DEAD』がスタートするというが、まだ始まってもいないのに「そっくり」と指摘する声が出ている。

 今年3月から連載を再開した福満しげゆき氏の漫画『就職難!! ゾンビ取りガール』に「設定が似ている」(放送作家)というのだ。 

『玉川区役所 OF THE DEAD』は原作のないオリジナル作品で、舞台はゾンビの存在が日常化した日本。玉川区役所特別福祉課は、ゾンビ化した住民の管理・捕獲が主な仕事で、主人公の赤羽晋助(林遣都)も職員のひとり。どうにもやる気が起きないが、ある日、アイドル並みのルックスだが“超武闘派”の女の子が新人として配属されてきて……同局HPによると、そんなストーリーだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事