1カ月で習得?関係者うならせた吉永小百合の仏語スピーチ

公開日:  更新日:

 吉永小百合(69)のフランス語に注目が集まっている。カナダで開催中の第38回モントリオール世界映画祭でのあいさつだ。

 コンペティション部門に出品された吉永小百合主演・企画の「ふしぎな岬の物語」(10月11日公開)がグランプリに次ぐ審査員特別グランプリを受賞した。1日(現地時間)に行われた授賞式で吉永は「スタッフ一同、皆さまに感謝いたします。こんな賞をいただき、私たち皆、本当に感激しております」とフランス語でスピーチ。先月30日の公式会見でも1分30秒間、流ちょうなフランス語を披露し、関係者をうならせた。

「吉永さんはモントリオール行き前の7月16日に、<今からトレーニングしたい>と話し、フランス語の語学学校に通うなど熱心に勉強に励んでました。映画祭の通訳を26年間務める角田実氏から学び、スピーチも<完璧>と絶賛されたそうです」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る