矢口真里“復帰計画” ナイナイ岡村&紳助がプロデュース!?

公開日: 更新日:

 矢口真里(31)の復帰が現実味を帯びてきた。

 昨年5月に自身の不倫が原因で俳優の中村昌也(28)と離婚。現在は無期限活動休止中だが、7月には不倫相手で元モデルの梅田賢三と同棲中であることが週刊誌で報じられた。

 その矢口、8月31日にインターネット番組「めちゃ×2ユルんでるッ!」に“出演”。同番組は同じ日に放送されていた日本テレビ系「24時間テレビ」の“裏番組”として放送されたもの。

 深夜の歌コーナーに、矢口の親友で、元モー娘。の保田圭が登場。保田が矢口に電話をかけ、折り返しの形で矢口が電話をかけてきて“出演”が実現。番組でパーソナリティーを務めたナイナイの岡村隆史は、「元気だったらよかった。何も謝ることないからね」と優しい言葉をかけていた。矢口の復帰舞台として有力視されているのが、岡村がレギュラーを務める「めちゃ2イケてるッ!」(フジテレビ系)だという。

「スキャンダルをちゃかして笑いに転化するのが得意な番組。このところ、特番以外は視聴率が低迷しているから、矢口の復帰となれば大きな目玉になる。そのままレギュラーとしての起用もある」(テレビ関係者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?