• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紳助の支えも…アシスタントの吉田真由子こそ「鑑定団」1000回の“奇跡”

 テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」はマンネリで視聴率が低迷したり、司会が島田紳助から今田耕司に交代するなどいろいろあったが、来週12日の放送で1000回を迎える。

 それもすごいが、もっとすごいのは、アシスタントの吉田真由子(39)だ。

 番組がスタートしたのが94年4月。吉田が2代目アシスタントになったのが同年10月で、かれこれ20年近く「○○市からお越しの○○さんです」と言い続けている。

「93年にドラマ『高校教師』でデビューし、20代の頃はドラマや映画の仕事もあったんです。が、ここ数年は、08年に女優で姉の吉田真希子と昼ドラで共演した以外、仕事らしい仕事は、ほぼ鑑定団のみ。09年に結婚を発表しても、さほど話題にならなかった。当初はあまりに無愛想で、スタッフから『降板させたら』なんて声も上がったんですが、紳助さんのいろいろな支えもあって、『日本一やる気のないアシスタント』のまま、ここまで来た。芸能界のミラクルでしょう」(テレビ東京関係者)

 吉田本人は2000回を目指しているという。いっそ還暦まで頑張ってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る