紳助の支えも…アシスタントの吉田真由子こそ「鑑定団」1000回の“奇跡”

公開日: 更新日:

 テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」はマンネリで視聴率が低迷したり、司会が島田紳助から今田耕司に交代するなどいろいろあったが、来週12日の放送で1000回を迎える。

 それもすごいが、もっとすごいのは、アシスタントの吉田真由子(39)だ。

 番組がスタートしたのが94年4月。吉田が2代目アシスタントになったのが同年10月で、かれこれ20年近く「○○市からお越しの○○さんです」と言い続けている。

「93年にドラマ『高校教師』でデビューし、20代の頃はドラマや映画の仕事もあったんです。が、ここ数年は、08年に女優で姉の吉田真希子と昼ドラで共演した以外、仕事らしい仕事は、ほぼ鑑定団のみ。09年に結婚を発表しても、さほど話題にならなかった。当初はあまりに無愛想で、スタッフから『降板させたら』なんて声も上がったんですが、紳助さんのいろいろな支えもあって、『日本一やる気のないアシスタント』のまま、ここまで来た。芸能界のミラクルでしょう」(テレビ東京関係者)

 吉田本人は2000回を目指しているという。いっそ還暦まで頑張ってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  9. 9

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る