紳助の支えも…アシスタントの吉田真由子こそ「鑑定団」1000回の“奇跡”

公開日: 更新日:

 テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」はマンネリで視聴率が低迷したり、司会が島田紳助から今田耕司に交代するなどいろいろあったが、来週12日の放送で1000回を迎える。

 それもすごいが、もっとすごいのは、アシスタントの吉田真由子(39)だ。

 番組がスタートしたのが94年4月。吉田が2代目アシスタントになったのが同年10月で、かれこれ20年近く「○○市からお越しの○○さんです」と言い続けている。

「93年にドラマ『高校教師』でデビューし、20代の頃はドラマや映画の仕事もあったんです。が、ここ数年は、08年に女優で姉の吉田真希子と昼ドラで共演した以外、仕事らしい仕事は、ほぼ鑑定団のみ。09年に結婚を発表しても、さほど話題にならなかった。当初はあまりに無愛想で、スタッフから『降板させたら』なんて声も上がったんですが、紳助さんのいろいろな支えもあって、『日本一やる気のないアシスタント』のまま、ここまで来た。芸能界のミラクルでしょう」(テレビ東京関係者)

 吉田本人は2000回を目指しているという。いっそ還暦まで頑張ってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る