紳助の支えも…アシスタントの吉田真由子こそ「鑑定団」1000回の“奇跡”

公開日:  更新日:

 テレビ東京の「開運!なんでも鑑定団」はマンネリで視聴率が低迷したり、司会が島田紳助から今田耕司に交代するなどいろいろあったが、来週12日の放送で1000回を迎える。

 それもすごいが、もっとすごいのは、アシスタントの吉田真由子(39)だ。

 番組がスタートしたのが94年4月。吉田が2代目アシスタントになったのが同年10月で、かれこれ20年近く「○○市からお越しの○○さんです」と言い続けている。

「93年にドラマ『高校教師』でデビューし、20代の頃はドラマや映画の仕事もあったんです。が、ここ数年は、08年に女優で姉の吉田真希子と昼ドラで共演した以外、仕事らしい仕事は、ほぼ鑑定団のみ。09年に結婚を発表しても、さほど話題にならなかった。当初はあまりに無愛想で、スタッフから『降板させたら』なんて声も上がったんですが、紳助さんのいろいろな支えもあって、『日本一やる気のないアシスタント』のまま、ここまで来た。芸能界のミラクルでしょう」(テレビ東京関係者)

 吉田本人は2000回を目指しているという。いっそ還暦まで頑張ってほしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る