日記本も高評価…壇蜜はなぜこれほど周囲を魅了するのか?

公開日: 更新日:

「良くも悪くも私生活の切り売りが形になって感無量です」

 15日に著書「壇蜜日記」(文春文庫)の発売記念イベントを行った壇蜜(33)。昨秋から今夏までの10カ月間の徒然をつづった書き下ろしの文庫本を片手に、謙虚に喜びを語った。

「33歳の女性が寝る前の余力で書いた雑記」と謙遜していたが、なかなかどうして。「文芸誌の編集長が“彼女に本格小説を書かせたい”と前のめりになるほどの文才の持ち主」(版元関係者)と、文芸のプロの評価はすこぶる高い。

 29歳という遅咲きのグラビアデビューから、はや4年。12月にはなんと、自身初のディナーショーを開催するという。

 会場となるANAクラウンプラザホテル大阪のHPには「壇蜜に会える。」というキャッチコピーとともに、2時間20分のトークショー&フランス料理の内容が告知され、料金は1人2万円――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る