日記本も高評価…壇蜜はなぜこれほど周囲を魅了するのか?

公開日: 更新日:

「良くも悪くも私生活の切り売りが形になって感無量です」

 15日に著書「壇蜜日記」(文春文庫)の発売記念イベントを行った壇蜜(33)。昨秋から今夏までの10カ月間の徒然をつづった書き下ろしの文庫本を片手に、謙虚に喜びを語った。

「33歳の女性が寝る前の余力で書いた雑記」と謙遜していたが、なかなかどうして。「文芸誌の編集長が“彼女に本格小説を書かせたい”と前のめりになるほどの文才の持ち主」(版元関係者)と、文芸のプロの評価はすこぶる高い。

 29歳という遅咲きのグラビアデビューから、はや4年。12月にはなんと、自身初のディナーショーを開催するという。

 会場となるANAクラウンプラザホテル大阪のHPには「壇蜜に会える。」というキャッチコピーとともに、2時間20分のトークショー&フランス料理の内容が告知され、料金は1人2万円――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る