報道陣と観客の目をクギづけ 宮沢りえの“スケスケ”ドレス

公開日: 更新日:

 大胆な衣装で色気を見せつけた。23日、「第27回東京国際映画祭」が開幕し、レッドカーペットイベントに映画「紙の月」で主演を務めた宮沢りえ(41)が登場した。

 グレーにスパンコールが散りばめられたスケスケのロングドレスで現れると、観客の目は半分ほどあらわになった胸元にクギづけ。今作品が7年ぶりの主演映画となった宮沢は「エネルギーは本当に使いました。7年ぶりということで、それまでに自分がためておいたものはすべて出し切った感じはあります。撮影はとても過酷で、ものをつくる喜びとつらさを感じながら出来上がった作品」と語っていた。

 劇中では池松壮亮(24)との濃厚な“絡み”も披露。オトナの女の魅力が全開だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る