母の死去当日も舞台に 絶賛された宮沢りえの“神がかり”演技

公開日:  更新日:

 小5の時に子供服のポスターでモデルデビューして以来、芸能界の荒波を母娘の二人三脚で乗り越えてきた。宮沢りえ(41)は母・光子さんが息を引き取った当日(23日)も、公演中の舞台に穴をあけることなく、役者業をまっとうした。

 現在、東京公演まっただ中の舞台「火のようにさみしい姉がいて」。りえと大竹しのぶ(57)の舞台初共演作ということで公演前から話題を集めていた作品である。

 会場であるBunkamuraシアターコクーン(東京・渋谷区)は、客席数740超の大ホール。りえママが亡くなった当日午後の部は満席状態。観客はもちろん、共演者たちも、りえの苦しみを知る由はなかった。

 この日、観客のひとりだったコラムニストの桧山珠美氏がこういう。

「りえさんは心の乱れをみじんも感じさせず、それはもう神がかった演技をしていました。約3時間に及ぶ演目でほぼ出ずっぱり。彼女は主要中の主要キャストです。劇作家の清水邦夫氏の戯曲を、今回は盟友の蜷川幸雄氏が演出した。78年初演から過去2回ほど上演されていますが、長い間、“封印”されていた作品。演劇ファンの間では伝説の名作として知られていますが、彼女は役柄を見事に自分のものにしていた。現代演劇に欠かせない実力派女優であり、至宝といっても過言ではありません」

 母の死後、「私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います。」とコメントを発表したりえ。まだ41歳。公私にわたり、もうひと波乱、ふた波乱ありそうな予感だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る