日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バラエティーでも引っ張りダコ 宮沢りえ人気再燃の理由

「23年ぶりヌード写真集情報」と、一部で報じられたりしているのが、女優の宮沢りえ(41)。

 その根拠となっているのが、7年ぶりの主演映画「紙の月」(11月15日公開)で、大胆な濡れ場を披露するといわれていること。だったら、あの「Santa Fe」以来の写真集も? というのだが、ここにきて“りえ人気”が再燃している。

 宮沢りえは10月スタートのフジテレビ深夜番組「ヨルタモリ」で、バラエティー初レギュラーを務める。司会のタモリは「吉永小百合からりえに乗り換えた?」と噂されるほど、ご執心のようだ。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「タモリさんの好き嫌いはともかく、りえさんには映画、TVから出演オファーが殺到しているようです。TV関係者はこぞって、りえさんをバラエティーに出したがっています。熟女になり、胸中をしゃべりだした彼女のトークは実に面白く、視聴率を見込めるからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事