映画「紙の月」監督が証言 「宮沢りえはほとんど鏡を見ない」

公開日:  更新日:

 舞台は94年の「わかば銀行」。契約社員の梨花(宮沢りえ)は夫との間に空虚感を感じる中、顧客である平林(石橋蓮司)の孫・光太(池松壮亮)と男女の関係に。光太が大学の学費のために借金していることを知り、平林の定期預金200万円を「キャンセル」扱いにし、光太に渡す。梨花の横領はエスカレートし、2人で贅沢三昧をするが、ベテラン事務員の隅(小林聡美)が不審に思い始め……。メガホンを取った吉田大八監督(51)は、梨花を「爽やかに破滅するヒロイン」と表現。主演・宮沢の素顔を語ってもらった。

――宮沢さんをキャスティングしたきっかけは。

「いつか仕事がしてみたいなあと思っていたからですね。宮沢りえを知らない人はいない。原作を読んだときは『横領する女性』像として宮沢さんの顔が浮かばなかったけど、逆にそれが面白いかなと。宮沢さんがやるのが一番想像がつかない。想像つかないということは一番見る価値があるなあと思った。自分の中でどうなるか興味があったんです。会ったのは今回の仕事が初めて。会ってすぐに構えず話せる方で、大事なことをズバズバとストレートに本音で話し合えました。宮沢さんは『演出が緻密』とおっしゃってましたけど、そんなことないと思う(笑い)。こっちがしつこく要求しても、割と涼しい顔でついてきたので。僕が鈍いだけかもね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る