映画「紙の月」監督が証言 「宮沢りえはほとんど鏡を見ない」

公開日: 更新日:

 舞台は94年の「わかば銀行」。契約社員の梨花(宮沢りえ)は夫との間に空虚感を感じる中、顧客である平林(石橋蓮司)の孫・光太(池松壮亮)と男女の関係に。光太が大学の学費のために借金していることを知り、平林の定期預金200万円を「キャンセル」扱いにし、光太に渡す。梨花の横領はエスカレートし、2人で贅沢三昧をするが、ベテラン事務員の隅(小林聡美)が不審に思い始め……。メガホンを取った吉田大八監督(51)は、梨花を「爽やかに破滅するヒロイン」と表現。主演・宮沢の素顔を語ってもらった。

――宮沢さんをキャスティングしたきっかけは。

「いつか仕事がしてみたいなあと思っていたからですね。宮沢りえを知らない人はいない。原作を読んだときは『横領する女性』像として宮沢さんの顔が浮かばなかったけど、逆にそれが面白いかなと。宮沢さんがやるのが一番想像がつかない。想像つかないということは一番見る価値があるなあと思った。自分の中でどうなるか興味があったんです。会ったのは今回の仕事が初めて。会ってすぐに構えず話せる方で、大事なことをズバズバとストレートに本音で話し合えました。宮沢さんは『演出が緻密』とおっしゃってましたけど、そんなことないと思う(笑い)。こっちがしつこく要求しても、割と涼しい顔でついてきたので。僕が鈍いだけかもね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る