日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

着やせ衣装も…安藤美姫「激太り」疑惑と漏れ伝わる「悪評」

 東京・台場で24日に開かれたオーストラリア出身歌手サラ・オレイン(27)のセカンドアルバム「SARAH」発売記念ライブに、元フィギュアスケート選手の安藤美姫(26)がゲストとして登場した。

 2人は7月に富山と新潟で開催されたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス2014」で共演。改めてサラの生歌を聞いた安藤は「今日は演技をせずにじっくりサラさんの歌を聴くことができて幸せ。聴いていて鳥肌が立った。共演したアイスショーの記憶が蘇りました。サラさんの曲調はフィギュアに合っていて非常に滑りやすいんです」と絶賛。サラは「もともとフィギュアが大好きで、自分の曲で滑ってもらえるのはうれしい。安藤さんは憧れの女性」と話した。

 この日、黒のブラウスとパンツという全身真っ黒な“着やせ衣装”で登場した安藤だが、現役時代とは比べものにならないほどふくよかなのはご覧のとおり。リンクを離れて仕事の中心になっているテレビの現場では「バラエティーの空気が読めない」「俳優志望の弟(安藤幹純)の売り込みが激しすぎる」といったよろしくない評判もチラホラ漏れ伝わる。

 競技を引退し、母となったゆえの押し出しの強さか、単なるわがままか――。いずれにしても芸術点は低い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事