今度はスタンプ画家に? 元AKB48光宗薫は“多芸多才”

公開日:  更新日:

 18日、元「AKB48」研究生の光宗薫(21)が米ドラマ「ブラックリスト シーズン2」の日本語版公開アフレコに参加した。

 11年にAKBに加入して“スーパー研究生”として注目されるも、「体調不良」を理由にイベントをドタキャンしたりライブを欠席する日が続き、12年10月に脱退。芸能活動から遠ざかっていたが、今年4月から本格的に活動を再開させ、「Oggi」12月号ではモデルとして登場している。

「前進しましたし、自分の気持ちもだんだん追いついていったという感じの年でした」と今年を振り返った光宗は、クリエーターとしても活躍。絵の個展を開いたり、今月9日にはツイッターで「LINE」スタンプ「はげたん」を制作中であると報告している。

「もう40種類ぐらい絵を描いています。描いた絵は何かしらの形で世に出していきたい。(クリスマスも)特に何もない。仕事も入っていないんです。いつも通り絵を描いていると思います」と楽しんでいる様子の光宗。

 スタンプ発売開始は2月上旬を目指しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る