「まゆゆの目が違う!」 AKB渡辺麻友に“整形疑惑”の災難

公開日:  更新日:

 先月30日、急性扁桃炎で約10日間休養することをAKB48の公式ブログで発表した、まゆゆこと渡辺麻友(20)。ファンからは「まゆちゃん、かわいそう」「働きすぎでは?」と同情の声が相次いだ。

 13日になって総監督の高橋みなみ(23)がトークライブアプリ・755にまゆゆとのツーショット写真を投稿し、元気な姿が確認できたが、ネット上には「目が違う」「なんか顔変わった」「一瞬誰かわからなかった」といったコメントが続出している。しかし、急性扁桃炎で顔が変わるなんてことは実際あるのか?

「それはないでしょう」と否定するのは、慶友銀座クリニックの大場俊彦院長だ。

「急性扁桃炎は、風邪、過労、気候の変化などをきっかけにして起こる扁桃の炎症です。抗生物質を飲めば1週間ほどで治りますが、40度前後の高熱が出ることがあり、喉の痛みもひどく、食事を取りづらくなる。病気のやつれで、顔の雰囲気が変わって見えるだけだと思います」

 ちなみに、個人差はあるが、二重まぶたの整形手術の場合、強い腫れは1~2週間程度で引くという。まゆゆが公の場に姿を現したのが約2週間ぶりということも、“あらぬ噂”に拍車をかけたのかもしれないが、まゆゆの場合、整形疑惑は美人の証しということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る