「まゆゆの目が違う!」 AKB渡辺麻友に“整形疑惑”の災難

公開日: 更新日:

 先月30日、急性扁桃炎で約10日間休養することをAKB48の公式ブログで発表した、まゆゆこと渡辺麻友(20)。ファンからは「まゆちゃん、かわいそう」「働きすぎでは?」と同情の声が相次いだ。

 13日になって総監督の高橋みなみ(23)がトークライブアプリ・755にまゆゆとのツーショット写真を投稿し、元気な姿が確認できたが、ネット上には「目が違う」「なんか顔変わった」「一瞬誰かわからなかった」といったコメントが続出している。しかし、急性扁桃炎で顔が変わるなんてことは実際あるのか?

「それはないでしょう」と否定するのは、慶友銀座クリニックの大場俊彦院長だ。

「急性扁桃炎は、風邪、過労、気候の変化などをきっかけにして起こる扁桃の炎症です。抗生物質を飲めば1週間ほどで治りますが、40度前後の高熱が出ることがあり、喉の痛みもひどく、食事を取りづらくなる。病気のやつれで、顔の雰囲気が変わって見えるだけだと思います」

 ちなみに、個人差はあるが、二重まぶたの整形手術の場合、強い腫れは1~2週間程度で引くという。まゆゆが公の場に姿を現したのが約2週間ぶりということも、“あらぬ噂”に拍車をかけたのかもしれないが、まゆゆの場合、整形疑惑は美人の証しということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  6. 6

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  7. 7

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  8. 8

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る