乃木坂46紅白落選の“戦犯” あの30代編集者が「激ヤセ」

公開日:  更新日:

「スクープした文春の記者の名前を教えてくれ。ただの抗議じゃ気がすまない……」

 剣呑な雰囲気でこぶしを固めるのは乃木坂46の関係者だ。

 今年の紅白のサプライズのひとつが、事前の“新聞辞令”では当確ランプが点灯していた乃木坂46の落選。もちろん、選から漏れた理由は今年10月に報じられたメンバー松村沙友理(22)の“不倫スキャンダル”だろう。

 妻子ある大手出版の30代編集者との“路上キス”のみならず、自宅に招き入れる現場までを週刊文春にスクープされてしまった一件だ。

「松村と不倫がバレた編集者はなぜか社内的にはおとがめなしで普通に勤務していますが、頬がげっそりとこけて激ヤセしてしまいました」(マスコミ関係者)

 公私混同して“おいしい”思いをした編集者に同情の余地はないが、グループの紅白落選を決定づけたのは、続けざまに発覚した同じくメンバーである大和里菜(19)のスキャンダルだった。先週、若手アイドルの岡田鷹斗と路上で抱き合う姿をまたまた文春にスクープされてしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る