乃木坂46紅白落選の“戦犯” あの30代編集者が「激ヤセ」

公開日:  更新日:

「スクープした文春の記者の名前を教えてくれ。ただの抗議じゃ気がすまない……」

 剣呑な雰囲気でこぶしを固めるのは乃木坂46の関係者だ。

 今年の紅白のサプライズのひとつが、事前の“新聞辞令”では当確ランプが点灯していた乃木坂46の落選。もちろん、選から漏れた理由は今年10月に報じられたメンバー松村沙友理(22)の“不倫スキャンダル”だろう。

 妻子ある大手出版の30代編集者との“路上キス”のみならず、自宅に招き入れる現場までを週刊文春にスクープされてしまった一件だ。

「松村と不倫がバレた編集者はなぜか社内的にはおとがめなしで普通に勤務していますが、頬がげっそりとこけて激ヤセしてしまいました」(マスコミ関係者)

 公私混同して“おいしい”思いをした編集者に同情の余地はないが、グループの紅白落選を決定づけたのは、続けざまに発覚した同じくメンバーである大和里菜(19)のスキャンダルだった。先週、若手アイドルの岡田鷹斗と路上で抱き合う姿をまたまた文春にスクープされてしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  9. 9

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る