乃木坂46紅白落選の“戦犯” あの30代編集者が「激ヤセ」

公開日: 更新日:

「スクープした文春の記者の名前を教えてくれ。ただの抗議じゃ気がすまない……」

 剣呑な雰囲気でこぶしを固めるのは乃木坂46の関係者だ。

 今年の紅白のサプライズのひとつが、事前の“新聞辞令”では当確ランプが点灯していた乃木坂46の落選。もちろん、選から漏れた理由は今年10月に報じられたメンバー松村沙友理(22)の“不倫スキャンダル”だろう。

 妻子ある大手出版の30代編集者との“路上キス”のみならず、自宅に招き入れる現場までを週刊文春にスクープされてしまった一件だ。

「松村と不倫がバレた編集者はなぜか社内的にはおとがめなしで普通に勤務していますが、頬がげっそりとこけて激ヤセしてしまいました」(マスコミ関係者)

 公私混同して“おいしい”思いをした編集者に同情の余地はないが、グループの紅白落選を決定づけたのは、続けざまに発覚した同じくメンバーである大和里菜(19)のスキャンダルだった。先週、若手アイドルの岡田鷹斗と路上で抱き合う姿をまたまた文春にスクープされてしまったのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る