野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第23回>戦後初の韓国ロケ作品

公開日:  更新日:

【ホタル(2001年・東映)】

 高倉健の役は特攻隊の生き残り。不治の病に侵された妻(田中裕子)と韓国へ旅に出る。

 戦時中、主人公の上官は朝鮮の生まれだった。主人公は形見を持って韓国を訪ね、遺族に会う。いわゆる特攻隊を賛美する映画ではない。特攻隊の中に当時、日本領だった朝鮮出身者がいた事実を伝える映画だ。

 撮影中、高倉健は「意義のある映画なんだ」と語っていた。

「今度の役柄は生き残りの特攻兵で、行こうとしたけれど、失敗して死ねなかった男。漁師をしながら昔のことを恥じているという……。
 重い役です。ラストシーンで、主人公は朝鮮生まれの上官が残した形見を韓国の遺族に届けるのですが、今回はそのシーンのことがずっと頭にありました。
 日本映画としては戦後初めての韓国ロケになるわけですから、現地の事情もよくわかっていませんし、それは気になっていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  4. 4

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る