• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
野地秩嘉
著者のコラム一覧
野地秩嘉ノンフィクション作家

1957年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒。出版社勤務などを経てノンフィクション作家に。人物ルポルタージュや食、芸術、文化など幅広い分野で執筆。著書に「サービスの達人たち」「サービスの天才たち」『キャンティ物語』「ビートルズを呼んだ男」などがある。「TOKYOオリンピック物語」でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。

<第22回>拷問シーンで本当に痛がっている顔は必見

【ゴルゴ13 (1973年・東映)】

 さいとう・たかを原作の劇画ゴルゴ13を実写映画にしたものだ。見る前は不安だった。

「ゴルゴ13は劇画だから面白いのではないか。それを実写にして、まして高倉健が主演するなんて……。それでいいのか」

 そう思って見たのだが……。これが意外に面白かったのである。

 奇妙な映画ではある。しかし、一見の価値はある。なんといっても、この映画はイランでオールロケを行っている。イランの首都テヘラン、第2の都市イスファハン、そして砂漠地帯。日本は一切出てこない。そのうえ、出演者は高倉健以外、すべてイラン人である。「よくまあ、こんな映画が実現したものだ」とため息が出た。

 舞台はホメイニ師によるイスラム革命前のイランである。出演者たちは酒も飲むし、ナイトクラブで遊びもする。イランの美人(といっても男っぽい顔)は肌を見せてベッドシーンもやる。戒律の厳しい現在のイランでは考えられない映画だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る