• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

いい人過ぎて出演過多…ゴースト作曲家・新垣隆氏の“今後”

 この年末年始、テレビで見ない日がなかったほど出まくっていたのが、「ゴーストライター騒動」で話題となった作曲家の新垣隆氏(44)。

「レコード大賞」(TBS系)では両手を耳に当ててキョロキョロする“佐村河内守ポーズ”を披露し、大晦日の「絶対に笑ってはいけない大脱獄」(日本テレビ系)にも出演。その裏番組では大久保佳代子(43)に「壁ドン」するなどもう何でもアリだった。この先もテレビに出続けるのか。
 
 芸能リポーターの川内天子氏はこう指摘する。

「新垣さんは本当に謙虚で優しくていい人。番組の企画ではイメージを覆すようなことばかり要求されても、断れずに応えてしまう。ゴーストも頼まれたら断れなかったのでしょう。ただ、テレビ業界では長続きしないと思います。今年前半で露出も落ち着くでしょうし、後半からは『題名のない音楽会』のような“本業”の音楽番組で活躍していくことになるのでは」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る