いい人過ぎて出演過多…ゴースト作曲家・新垣隆氏の“今後”

公開日:  更新日:

 この年末年始、テレビで見ない日がなかったほど出まくっていたのが、「ゴーストライター騒動」で話題となった作曲家の新垣隆氏(44)。

「レコード大賞」(TBS系)では両手を耳に当ててキョロキョロする“佐村河内守ポーズ”を披露し、大晦日の「絶対に笑ってはいけない大脱獄」(日本テレビ系)にも出演。その裏番組では大久保佳代子(43)に「壁ドン」するなどもう何でもアリだった。この先もテレビに出続けるのか。
 
 芸能リポーターの川内天子氏はこう指摘する。

「新垣さんは本当に謙虚で優しくていい人。番組の企画ではイメージを覆すようなことばかり要求されても、断れずに応えてしまう。ゴーストも頼まれたら断れなかったのでしょう。ただ、テレビ業界では長続きしないと思います。今年前半で露出も落ち着くでしょうし、後半からは『題名のない音楽会』のような“本業”の音楽番組で活躍していくことになるのでは」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る