今年の漢字は「嘘」と 収入も増えた“ゴースト”新垣隆氏を直撃

公開日:  更新日:

 今年、全ろう作曲家・佐村河内守氏のゴーストライター騒動で、一躍、時の人となった作曲家の新垣隆さん(44)。来年2月にはバイオリニストの礒絵里子さんとのデュオで、CDアルバムを発売するという。これまでの“裏方”から一気に表舞台へ進出し、自身の名をドーンと掲げた初のアルバムである。昨3日、関東近郊の某所でレコーディング中の本人を直撃した。

 朝から晩までぶっ通しで続くレコーディング。その合間を縫ってのインタビューで、さぞ、お疲れかと思いきや――。

「音楽家として演奏ができる環境は体にもいいし疲れません。桐朋学園大学在学中からの20年来の仲間である礒さんとのセッションは本当にありがたい。一時は音楽の世界には戻れないと覚悟していましたから、今回のアルバムは100点満点以上の出来栄えを目指し、頑張っています」


 今年2月に謝罪会見を行って以降、生活は激変。楽曲提供やアレンジの依頼が同時に数十件重なったり、女性誌のオシャレ企画に登場するなど一躍、超売れっ子となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る