コピペどころか論文買う学生も…横行する「卒論ゴースト」

公開日:  更新日:

 卒業論文をコピペで仕上げる学生が後を絶たない。理化学研究所の小保方晴子さん(30)の博士論文も同じ疑惑が浮上している。

 しかし、コピペぐらいならまだマシな方で、最近は卒論自体をまるごとゴーストライターに執筆してもらう輩までいるという。

 ネットには「卒論代行」と堂々と広告を掲げる業者まで登場。普通の卒論から研究計画書、条件によっては、修士論文や博士論文までカバーする。業者の売り文句は、「コピペや引用の多い論文は作成しません」「高いオリジナリティー」「絶対秘密厳守」だ。ブラックジョークだが、小保方さんも“安心”して代筆を頼めそうだ。

■1文字10円で業者が代筆

 卒論代行業者の責任者が匿名を条件にこう証言する。
「料金は、1文字10円。一般的な卒論は2万文字以上(原稿用紙50枚)ですから、最低20万円が基準です。また、難易度を考慮し、別途料金を頂くこともある。もちろん、『アンネの日記の毀損事件における日本人の差別構造』といった社会学的な内容にも対応できます。ただ、章立てや方向性だけは指示してもらわないといけない。まったくゼロから作り上げることは不可能です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る