AKBにDeNAも? 熱視線浴びる新潟県の“嬉しい悲鳴”

公開日: 更新日:

 今、新潟がアツイ。25日のライブで「AKB48」の新グループ「NGT48」(新潟)誕生が電撃発表された。これで「AKB」(東京)、「SKE」(愛知)、「NMB」(大阪)、「HKT」(福岡)に続く国内5つ目のグループになり、10月1日に新劇場がオープンするという。また、公演では北海道、沖縄、四国、東北に新劇場がオープンすることも発表された。

 総合プロデューサー・秋元康(56)の狙いは「AKB」グループの“全国展開”。秋元氏は「東京五輪組織委員会」理事にも選出されているため、東京五輪の開会式や閉会式で全国各地から選抜されたメンバーを集め、「日本のアイドル文化」として世界に発信する可能性がある。

サッカーのJリーグと同じで、町おこし的な要素が強い。『AKB48』自体に一時期ほどの勢いはないし、東京で活動しようにも限界がある。飽和状態の東京から出て地元密着で地方のスターを育てる傾向に変わっていくかもしれません。吉本も全国各地に『住みます芸人』を置いている。要は『あまちゃん』の『GMT47』の逆輸入。ローカルであればスポンサーもつきやすいし、ファンも定着しやすい。ご当地アイドルはすでにたくさんいますが、『AKB』ブランドがある分、有利。アイドル巡業も珍しくなくなる」(芸能評論家の肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  6. 6

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る