AKBにDeNAも? 熱視線浴びる新潟県の“嬉しい悲鳴”

公開日:  更新日:

 今、新潟がアツイ。25日のライブで「AKB48」の新グループ「NGT48」(新潟)誕生が電撃発表された。これで「AKB」(東京)、「SKE」(愛知)、「NMB」(大阪)、「HKT」(福岡)に続く国内5つ目のグループになり、10月1日に新劇場がオープンするという。また、公演では北海道、沖縄、四国、東北に新劇場がオープンすることも発表された。

 総合プロデューサー・秋元康(56)の狙いは「AKB」グループの“全国展開”。秋元氏は「東京五輪組織委員会」理事にも選出されているため、東京五輪の開会式や閉会式で全国各地から選抜されたメンバーを集め、「日本のアイドル文化」として世界に発信する可能性がある。

「サッカーのJリーグと同じで、町おこし的な要素が強い。『AKB48』自体に一時期ほどの勢いはないし、東京で活動しようにも限界がある。飽和状態の東京から出て地元密着で地方のスターを育てる傾向に変わっていくかもしれません。吉本も全国各地に『住みます芸人』を置いている。要は『あまちゃん』の『GMT47』の逆輸入。ローカルであればスポンサーもつきやすいし、ファンも定着しやすい。ご当地アイドルはすでにたくさんいますが、『AKB』ブランドがある分、有利。アイドル巡業も珍しくなくなる」(芸能評論家の肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る