「かわいそう」の声も…AKB48内田眞由美は一番の勝ち組?

公開日:  更新日:

 AKB48の11月26日に発売が予定されているシングル「希望的リフレイン」のMVに、前田敦子や大島優子などの卒業生も含む、これまでセンターポジションを経験したメンバーが出演することで話題になっている。

 ちなみに出演メンバーは、ミリオンヒット連続達成の1曲目のシングル「桜の木になろう」(2011年2月11日発売)以降のセンターポジション経験者である。

 ところが、一部のファンから同情されている旧センターがいる。内田眞由美(20)だ。実は彼女、第1回じゃんけん大会の優勝者で、「桜の木になろう」の前に発売された「チャンスの順番」ではセンターを担っていた。惜しくもミリオンには届かなかったため、今回は選に漏れてしまったが、「かわいそう」という声が起きているのだ。

 もっとも、内田自身はちっともヘコたれていない。現在はAKB48に在籍しながら東京・新大久保で焼き肉屋を経営していて、結構な人気店になっている。AKBメンバーや芸能関係者が大勢で食べに来るほか、たまに店に立つという内田目当てのファンも“おひとり様”で来店。繁盛しているそうだ。

 他の人気メンバーとは違う“独自路線”で成功しているので、長い目で見たら彼女が一番の勝ち組になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る