「かわいそう」の声も…AKB48内田眞由美は一番の勝ち組?

公開日:  更新日:

 AKB48の11月26日に発売が予定されているシングル「希望的リフレイン」のMVに、前田敦子や大島優子などの卒業生も含む、これまでセンターポジションを経験したメンバーが出演することで話題になっている。

 ちなみに出演メンバーは、ミリオンヒット連続達成の1曲目のシングル「桜の木になろう」(2011年2月11日発売)以降のセンターポジション経験者である。

 ところが、一部のファンから同情されている旧センターがいる。内田眞由美(20)だ。実は彼女、第1回じゃんけん大会の優勝者で、「桜の木になろう」の前に発売された「チャンスの順番」ではセンターを担っていた。惜しくもミリオンには届かなかったため、今回は選に漏れてしまったが、「かわいそう」という声が起きているのだ。

 もっとも、内田自身はちっともヘコたれていない。現在はAKB48に在籍しながら東京・新大久保で焼き肉屋を経営していて、結構な人気店になっている。AKBメンバーや芸能関係者が大勢で食べに来るほか、たまに店に立つという内田目当てのファンも“おひとり様”で来店。繁盛しているそうだ。

 他の人気メンバーとは違う“独自路線”で成功しているので、長い目で見たら彼女が一番の勝ち組になるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る