松也と熱愛中も合い鍵なし…前田敦子は「風俗嬢似合う」に苦笑

公開日:  更新日:

 18日スタートの連続ドラマW「翳りゆく夏」(WOWOW)完成披露試写会が15日、開かれた。

 江戸川乱歩賞を受賞した赤井三尋の同名小説(講談社)のドラマ化。主演の渡部篤郎(46)をはじめ時任三郎(56)らベテラン俳優陣が顔を揃える中、「風俗嬢」役の前田敦子(23)が登壇した。

「現場で監督や渡部さんが引っ張ってくれたのについて行っただけ」と謙虚に振り返った前田に対し、渡部は「過去が描かれていない役なのに、心のヒダとか本当ステキに演じていてちょっとビックリした。声とか目の動きひとつで表現していて、僕が引っ張ってもらった気がします」と絶賛。波多野貴文監督も「短いシーンにも過去が見えて存在感が強かった」とベタボメだった。

 これに橋爪功(73)が「ってことは、風俗嬢が似合うってこと?」と横ヤリ。隣にいた前田は「せっかくいい感じに褒めてもらったのに~」と苦笑するしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る