高橋ジョージ大ピンチか “最強弁護士”大渕愛子も参戦!?

公開日:  更新日:

 最強弁護士の登場に生きた心地がしないはずだ。弁護士でタレントの大渕愛子氏(37)が2日、ブログを更新して離婚騒動の渦中にある三船美佳(32)と初めて出会ったことをつづっている。

 大阪ABCテレビのスタジオで番組収録の際に一緒になったそうで、大渕弁護士は「ずっと前から可愛いな~と思っていたし、私の中学からの最も親しい友人に似ているところがあるので、一方的に親近感も」と三船に好印象。まだ三船側の弁護につくともつかないとも表明していないが、「行列のできる法律相談所」を敵に回しては、高橋ジョージも生きた心地がしないはず。

 離婚裁判は3月3日に東京家庭裁判所で第1回の口頭弁論が行われる。三船は「娘のことをお互いに第一に考えて、恥じないようにしましょう」と高橋に呼び掛けていただけに、離婚の決意は固く和解は難しい様子。高橋も自身のモラハラだけでなく、週刊誌でバイオリン奏者の女性に対してのセクハラ発言が報じられるなど形勢はかなり不利である。相手が大渕弁護士なら、高橋はいっそ、北村弁護士に依頼してみては?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る