高橋ジョージ後手後手 三船美佳主導「モラハラ離婚劇」のウラ

公開日:  更新日:

「報道だけを見ていると、典型的なモラハラ夫ですね」

 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)の離婚問題について、きっぱり言うのは、モラハラ夫の取材を多数行うジャーナリストの黒川祥子氏。

「暴力には身体的なものと精神的なものがあり、後者がモラルハラスメント、通称モラハラです。モラハラ夫は一見、優しく、頼りがいのある人物。しかし、2人っきりになると、妻の人格を否定するような発言を繰り返し、イライラしているのを見せつけたり、何日間も無視をする。束縛も強い。次第に妻は、夫の顔色をうかがい、ビクビクして過ごすようになるのです」

 厄介なのは、被害者(妻)も加害者(夫)も、それがモラハラであることに気が付いていないという点だ。高橋は「浮気も1回もないし、暴力も振るったことがない。酒で暴れることもない」と語っているが、黒川氏によれば「モラハラ夫はたいてい、『自分はいい夫。俺がいないと、妻はやっていけない』と思っている。モラハラという言葉は、“それが暴力だということを被害者に自覚させるための言葉”と話す専門家もいます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  7. 7

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る