高橋ジョージ後手後手 三船美佳主導「モラハラ離婚劇」のウラ

公開日: 更新日:

「報道だけを見ていると、典型的なモラハラ夫ですね」

 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)の離婚問題について、きっぱり言うのは、モラハラ夫の取材を多数行うジャーナリストの黒川祥子氏。

「暴力には身体的なものと精神的なものがあり、後者がモラルハラスメント、通称モラハラです。モラハラ夫は一見、優しく、頼りがいのある人物。しかし、2人っきりになると、妻の人格を否定するような発言を繰り返し、イライラしているのを見せつけたり、何日間も無視をする。束縛も強い。次第に妻は、夫の顔色をうかがい、ビクビクして過ごすようになるのです」

 厄介なのは、被害者(妻)も加害者(夫)も、それがモラハラであることに気が付いていないという点だ。高橋は「浮気も1回もないし、暴力も振るったことがない。酒で暴れることもない」と語っているが、黒川氏によれば「モラハラ夫はたいてい、『自分はいい夫。俺がいないと、妻はやっていけない』と思っている。モラハラという言葉は、“それが暴力だということを被害者に自覚させるための言葉”と話す専門家もいます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る