映画「さよなら歌舞伎町」「深夜食堂」なぜ大ヒットしている?

公開日:  更新日:

 小規模公開の邦画が底力を見せている。「さよなら歌舞伎町」と「深夜食堂」だ。前者が18スクリーン、後者が80スクリーンながら、どちらの上映館も賑わっている。テレビで大々的に宣伝したわけではない。中身の面白さが、しっかり伝わっているらしい。

 2作品の共通点は新宿を舞台にした群像劇であること。「さよなら歌舞伎町」は歌舞伎町のラブホテル。「深夜食堂」は新宿ゴールデン街を思わせる飲食店が軒を連ねる一角。そこで繰り広げられるそれぞれの人間模様が面白い。

「さよなら歌舞伎町」では、とくにラブホ店長役の染谷将太。仕事も不満、恋人の前田敦子ともうまくいかない。結局、故郷の東北へ静かに帰っていくのだが、そこに負け犬的な感じがないのが新鮮である。被災地の故郷で心機一転、彼は巻き返しを図るのだろう。

 仕事のためには男と寝ることもいとわない前田敦子も染谷が去ったあとのマンションでひとり、下田逸郎の歌をギターを弾きながら歌う。このシーンは胸を締め付けられ、ジーンとくる。彼女もまた恋人を失った人生を生き直すのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る