• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「さよなら歌舞伎町」「深夜食堂」なぜ大ヒットしている?

 小規模公開の邦画が底力を見せている。「さよなら歌舞伎町」と「深夜食堂」だ。前者が18スクリーン、後者が80スクリーンながら、どちらの上映館も賑わっている。テレビで大々的に宣伝したわけではない。中身の面白さが、しっかり伝わっているらしい。

 2作品の共通点は新宿を舞台にした群像劇であること。「さよなら歌舞伎町」は歌舞伎町のラブホテル。「深夜食堂」は新宿ゴールデン街を思わせる飲食店が軒を連ねる一角。そこで繰り広げられるそれぞれの人間模様が面白い。

「さよなら歌舞伎町」では、とくにラブホ店長役の染谷将太。仕事も不満、恋人の前田敦子ともうまくいかない。結局、故郷の東北へ静かに帰っていくのだが、そこに負け犬的な感じがないのが新鮮である。被災地の故郷で心機一転、彼は巻き返しを図るのだろう。

 仕事のためには男と寝ることもいとわない前田敦子も染谷が去ったあとのマンションでひとり、下田逸郎の歌をギターを弾きながら歌う。このシーンは胸を締め付けられ、ジーンとくる。彼女もまた恋人を失った人生を生き直すのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る