長男死の翌日も仕事へ…草刈正雄の気丈の裏にある“父親像”

公開日:  更新日:

 バレンタインデーの14日、23歳の長男が渋谷のマンションから転落死。当初は自殺なども疑われたが、長男は手すりの一部をつかんだ状態で倒れ、また転落した部屋の鍵がかかっていたことなどもあり、警視庁は事故と結論づけたようだ。

 草刈は死の翌日もテレビ番組の収録を気丈にこなしたが、悲しみは相当なものだったのだろう。長男が倒れていた路上で涙を流す姿が周辺住民などに目撃されている。

 長男がそのマンションを使用していたのは、7階に草刈の個人事務所があるからだ。長男はその個人事務所にときどき泊まり、音楽や絵を制作していた。バンド「ズットズレテルズ」のラッパー“ドカットカット”として活動したり、抽象画を描き美術展で新人賞を受賞するなどしていたという。

 草刈には1男2女の3人の子供がいる。長女の紅蘭はポールダンサー兼タレント。派手でぶっとんだトークが話題だ。次女で末っ子の麻有は紅蘭とは対照的なキュートな容姿で、ドラマ「ぴんとこな」(TBS系)などに出演したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る