清原ブチ切れ 小学生を「ボケッ、こら!」と恫喝していた!

公開日:  更新日:

 先週土曜日のことだ。港区のグラウンドで行われた少年野球大会に、あの清原和博(46)が姿を見せたものだから、ちょっとした騒ぎになった。

「清原さんの長男と次男が所属するチームが大会に参加していて、その応援に来たのです。とはいえ、(3月の)あの薬物疑惑報道後は、息子さんたちもしばらく野球の練習には姿を見せず、それまでは試合のたびに熱心に応援に来ていた清原さんも一切、顔を出さなくなった。それが、派手なサングラスをかけ、ますます突き出たお腹を揺らしながら、グラウンドに現れたので、相手はもちろん、所属チームの関係者、父兄も驚いていました」(関係者)

 試合中に“事件”もあった。中軸を打つ長男が死球を当てられたことに激高。相手投手はすぐに帽子を取って頭を下げたが、「一塁手も謝らんかい! ボケッ、こら!」などと大声を張り上げ、周囲の人間を唖然とさせていたという。試合は、長男の所属するチームが20点以上の大差をつけて圧勝したものの、「清原さんは終始、機嫌が悪そうでしたね」とは目撃者の印象である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る