清原ブチ切れ 小学生を「ボケッ、こら!」と恫喝していた!

公開日: 更新日:

 先週土曜日のことだ。港区のグラウンドで行われた少年野球大会に、あの清原和博(46)が姿を見せたものだから、ちょっとした騒ぎになった。

「清原さんの長男と次男が所属するチームが大会に参加していて、その応援に来たのです。とはいえ、(3月の)あの薬物疑惑報道後は、息子さんたちもしばらく野球の練習には姿を見せず、それまでは試合のたびに熱心に応援に来ていた清原さんも一切、顔を出さなくなった。それが、派手なサングラスをかけ、ますます突き出たお腹を揺らしながら、グラウンドに現れたので、相手はもちろん、所属チームの関係者、父兄も驚いていました」(関係者)

 試合中に“事件”もあった。中軸を打つ長男が死球を当てられたことに激高。相手投手はすぐに帽子を取って頭を下げたが、「一塁手も謝らんかい! ボケッ、こら!」などと大声を張り上げ、周囲の人間を唖然とさせていたという。試合は、長男の所属するチームが20点以上の大差をつけて圧勝したものの、「清原さんは終始、機嫌が悪そうでしたね」とは目撃者の印象である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る