二股被害は屁でもない? 冨永愛「自伝」で分かった壮絶人生

公開日: 更新日:

 モデルでタレントの冨永愛(32)の初の自伝「Ai 愛なんて大っ嫌い」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、相当にエグいと評判だ。世界を股に一流ブランドのモデルとして大活躍してきたが、2年前は「二股愛」の犠牲者としてワイドショーでも騒がれた。

 同書には、これまで自ら封印してきた壮絶な生きざまが包み隠さずつづられている。

「のっけから悪夢を見て恐怖のあまり失禁して目覚めるシーンから始まるんです。語り口は淡々としてますが、内容はかなり暴力的。『殺してやるー、絶対にぶっ殺してやる。許さない』といった恨み言がそこかしこにちりばめられています」(芸能ライター)

 冨永の両親は幼くして離婚、3人姉妹はすべて父親が違い、常に知らないおじさんが家にいて、育児放棄の母親は家に帰ってこない。自宅は超貧乏、小学生のころから「宇宙人、板女、もやしゾンビ女、ひょろひょろがいこつ」など高身長を理由にいじめられる地獄の日々を過ごす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  9. 9

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る