二股被害は屁でもない? 冨永愛「自伝」で分かった壮絶人生

公開日: 更新日:

 モデルでタレントの冨永愛(32)の初の自伝「Ai 愛なんて大っ嫌い」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、相当にエグいと評判だ。世界を股に一流ブランドのモデルとして大活躍してきたが、2年前は「二股愛」の犠牲者としてワイドショーでも騒がれた。

 同書には、これまで自ら封印してきた壮絶な生きざまが包み隠さずつづられている。

「のっけから悪夢を見て恐怖のあまり失禁して目覚めるシーンから始まるんです。語り口は淡々としてますが、内容はかなり暴力的。『殺してやるー、絶対にぶっ殺してやる。許さない』といった恨み言がそこかしこにちりばめられています」(芸能ライター)

 冨永の両親は幼くして離婚、3人姉妹はすべて父親が違い、常に知らないおじさんが家にいて、育児放棄の母親は家に帰ってこない。自宅は超貧乏、小学生のころから「宇宙人、板女、もやしゾンビ女、ひょろひょろがいこつ」など高身長を理由にいじめられる地獄の日々を過ごす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    五輪開催「感染1日100人以下に」都医師会長が返上アシスト

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る