二股被害は屁でもない? 冨永愛「自伝」で分かった壮絶人生

公開日:  更新日:

 モデルでタレントの冨永愛(32)の初の自伝「Ai 愛なんて大っ嫌い」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)が、相当にエグいと評判だ。世界を股に一流ブランドのモデルとして大活躍してきたが、2年前は「二股愛」の犠牲者としてワイドショーでも騒がれた。

 同書には、これまで自ら封印してきた壮絶な生きざまが包み隠さずつづられている。

「のっけから悪夢を見て恐怖のあまり失禁して目覚めるシーンから始まるんです。語り口は淡々としてますが、内容はかなり暴力的。『殺してやるー、絶対にぶっ殺してやる。許さない』といった恨み言がそこかしこにちりばめられています」(芸能ライター)

 冨永の両親は幼くして離婚、3人姉妹はすべて父親が違い、常に知らないおじさんが家にいて、育児放棄の母親は家に帰ってこない。自宅は超貧乏、小学生のころから「宇宙人、板女、もやしゾンビ女、ひょろひょろがいこつ」など高身長を理由にいじめられる地獄の日々を過ごす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る