冨永愛と不倫報道 記者招き入れ釈明した長渕剛“変節”のウラ

公開日: 更新日:

 長渕といえば、04年に鹿児島県の桜島で観客数7万人超を動員したオールナイトライブが伝説になっているが、今夏のライブはそれを上回る大規模。今は「チーム長渕」が一丸となってイベント開催を盛り上げている真っ最中だ。

 1月にゲスト出演したバラエティー番組「嵐にしやがれ」ではメンバーを相手に作詞のコツを披露したり、喜々としてギター談議する姿が印象的だったが、放送中の討論番組「ブチまけろ! 炎の魂 長渕炎陣」(日曜24時~、BSフジ)ではMCとして一般人と膝を突き合わせ、アツく語っている。その甲斐あってか、1月末から販売しているチケットは「予約枚数も含め、すでに6万枚が売れている」(キョードー東京)という。

 昨年末は3年ぶりにNHK紅白歌合戦に出場。超体育会系でコワモテの顔を封印しているのも、すべては夏のライブのためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る