長渕剛とドロ沼不倫も バツ2国生さゆりの男見る目のなさ

公開日:  更新日:

 タレントの国生さゆり(48)が16日に生出演した情報番組「ハピくるっ!」(関西テレビ)の冒頭、「ご心配をおかけしました。すみません」と神妙な面持ちで、カメラに頭をさげた。警視庁が詐欺の疑いで元夫の甲田英司容疑者(41)の逮捕状を取った一件についてだ。

 国生は2012年のバレンタインデーに甲田容疑者と結婚したものの、13年9月に離婚。すでに婚姻関係はなく、国生に責任はないものの、「本当にびっくりです。何も知らなくて」とうなだれる姿からは、相当の心痛がうかがわれる。

「国生さんは本当に男運がないというか、報われませんね」とは、スポーツ紙芸能記者。

「長渕剛とのドロ沼不倫はマスコミに大きく取り上げられましたが、最初の夫で、鹿児島の中学で同級生だったマッサージ師との結婚は3年で破局。その揚げ句というか、今度こそと周囲も幸せを願った2番目の夫ともうまくいかない上、詐欺容疑ですからね。数年前まで、『結婚に向いていない女』のキャラでバラエティー番組に数多く出演、自虐ネタで笑いを誘っていましたが、そういう出演すらいつの間にか減ったのは、笑えないレベルになってしまったということでしょう。『おニャン子クラブ』での清純なイメージ、あの80年代アイドルがこういう人生を歩むとは……。国生さんを見続けてきた中高年ファンも、複雑な思いを抱いていると思いますよ」

 果たして、次はあるのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る