三村マサカズの憤怒ツイートに「一理ある」「キャラ違う」と賛否

公開日: 更新日:

■酔っ払いツイートを心配する声も

 さらに「結局、テレビなんて媒体は元々二流だったんだよね。それがさ、一流大学の就職先になってさ(後略)」と、どんどんヒートアップ。こうしたツイートに対し、<無料の娯楽。肩肘張らずに楽しもう>となだめるファンも登場したが、三村は「それはさぁ、見る側の意見」「例えば各お笑い芸人に責任持たせて30分の番組やるの。歌とかドラマ要素いれたりするの。ダメだったら俺ら自分達の責任」などと、番組制作に対する持論を展開した。

 三村の意見に対しては、<言ってることは一理ある><想いが少しでも伝わる事を心から願っています!><いつからか規制も色々と厳しくなって、自由に表現出来なくなってしまいましたね>といった賛同の声が上がる一方、<三村さん、ご意見番みたいなの止めた方がいいよ>とキャラ変更に対する苦言や、<ツイッターやめたほうが良い。何か負の方向に向かってる気がする>とSNSでの発信を危険視する見方も広がっている。

 一連のツイートについて<なんとなく酔っ払ってツイートしたっぽいな>と心配するファンの声もあるが、三村といえば先日、テレビ番組でグラドル谷澤恵里香(24)の胸をわしづかみにし、セクハラ批判が巻き起こったばかり。なにかモヤモヤするところがあったのか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る