”格下ダメ男”を選んだ椿鬼奴 結婚焦ったもう一つの理由

公開日: 更新日:

 お笑いトリオ「グランジ」のツッコミで、7歳下の佐藤大との結婚が決まった。25日深夜放送のバラエティー番組「なら婚」(日本テレビ系)で佐藤からのプロポーズの様子が放送され、新宿の「ルミネtheよしもと」で指輪を渡された鬼奴は、号泣しプロポーズを受け入れた。

 売れっ子の鬼奴に比べ、佐藤は芸人として格下。借金もある。鬼奴の友人たちは結婚に反対した。佐藤からのプロポーズは「なら婚」のMCである加藤浩次が、佐藤を「奴さんを家に入れるぐらい売れんだよ!」とたきつけたこともあり、番組の“やらせ”くさかった。

 しかし、鬼奴と佐藤の交際はホンモノ。ともに酒とギャンブルが大好きな2人は意気投合し、13年10月、交際をスタートさせた。借金を抱えて住むところがなくなり劇場の楽屋などで寝泊まりしていた佐藤に、14年10月、鬼奴が「一緒に暮らそうか」と手を差し伸べ、同棲を始めたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  5. 5

    競泳・池江璃花子ついに400mリレー登場も…「五輪出場は運命」発言“炎上”のナゼ

  6. 6

    東京五輪「呪われた開会式」大手メディアが決して書かない“舞台裏”をドキュメント

  7. 7

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  8. 8

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  9. 9

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る