上重聡アナ集中砲火 他局スクラムで進行する「日テレ包囲網」

公開日: 更新日:

 上重アナの利益供与疑惑は蟻の一穴になりそうだ。年間視聴率だけでなく、2014年度の平均視聴率でも全日、ゴールデン、プライムで首位を獲得し「3冠」を達成。向かうところ敵なしの状態が続く日本テレビのことである。

 4月クールもほとんどタイムテーブルをいじることなく“横綱相撲”を見せているが、期待の新“朝の顔”の信じがたい行状には局内からも「ヤバイ」「持たない」の声が漏れ聞こえてくる。

 この春から朝の情報番組「スッキリ!!」の新司会者に抜擢された上重聡アナ(34)が、「ABCマート」の三木正浩元会長から都内の高級マンションの購入費用として無利子で1億7000万円を借り、2000万円は下らない高級外車ベントレーまで提供を受けていた件は週が明けても落ち着く気配はない。

「3日放送の番組冒頭で謝罪しましたが、『スッキリ』の視聴者は主婦層がほとんどだけに反発が怖い。上重が担当予定で、パート労働者の今をリポートする『パートのエース』のコーナーは無期延期になりました。番組スポンサーとの不適切な関係だけに、番組責任者や編成、営業幹部を交えた会議が連日行われています。上重ですか? 平静を装っていますが、口数は少ないですね」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  3. 3

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  4. 4

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  5. 5

    検察官の定年延長は違法で違憲 法治国家否定の首相の暴論

  6. 6

    新型コロナ予防の盲点を医師解説 対策は手洗い以外も必要

  7. 7

    ソフトB城島氏を直撃 けむに巻いた古巣復帰を決めた理由

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る