• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

周辺ホテルは悲鳴! 9月「嵐」20万人ライブで吹き荒れる弊害

 ジャニーズの人気グループ・嵐が、宮城・ひとめぼれスタジアムで9月19、20、22、23日の4日間にわたってライブを行うことが発表された。

 4日間での動員数は20万人。東京ディズニーランドと東京ディズニーシーを合わせた広さ(約90万平方メートル)に匹敵する宮城県総合運動公園全体を借り切る形で、地元の名産や伝統文化などとコラボするコーナーも特設するというから、期間中に宮城県にもたらす経済効果は計り知れない。だが、早くもコンサートを行う弊害が出始めているという。

「チケットのファンクラブ会員の先行予約受け付けは6月上旬で、一般発売はその後だが、まだチケットが買えるか分からないファンの予約が仙台市内のホテルに殺到。会場にほど近いホテルルートイン仙台泉インターには、ライブ開催の記事が掲載されたスポーツ紙を見たファンがコンサート期間中の宿泊を一斉にネットで申し込み、200室しかないのに数千件の予約を受けてシステム障害が発生してしまった。周辺のホテルもすでに満室状態。しかし、チケットを取れなかったらファンが続々とキャンセルするし、予約者が別のファンに部屋を譲ったりとホテル側が対応に困るようなトラブルが続発しそうです」(女性誌ライター)

 また、当初9月19、20日の開催予定だった、日本質的心理学会(JAQP)は「仙台市内の宿泊施設が満室となり、公共機関も混雑が予想される」という理由で10月3、4日に日程を変更。“嵐”が過ぎ去るのを待つしかないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る