森口博子は本領発揮も…「バラドル」絶滅危惧種になったのか

公開日:  更新日:

 デビュー30周年を迎えた森口博子(47)が、13日、自身の誕生日で「さすが、元祖バラドル」とうならせるトークを披露した。

 最近の恋愛について聞かれると「白馬の王子様は落馬しました」。バラドルになったきっかけは「リストラになりそうだったため、『なんでもやります』と言ったから」という具合。

 考えてみれば、森口らバラドルが誕生したのは1980年代。井森美幸、松本明子、山瀬まみらが続いたが、今、その系譜を引き継ぐアイドルはいるのか。芸能評論家の肥留間正明氏の見立ては厳しい。

「バラエティー番組が増えて、確かに出演する女性タレントも増えましたが、僕の基準で言えば、彼女たちは“バラドル”には当たりません。少なくとも森口や松本明子にはアイドル歌手というシッカリした基盤があった。なおかつトークもうまかったから重宝されたのです。それに引き換え今の人たちは芝居や歌をやる前から、いきなりバラエティーですからねぇ……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る